ふたばこども園

園長ブログ

年賀状をいただきました

子どもたちや保護者の皆様から園や担任宛にたくさんの年賀状をいただきました。有難うございました。私などはお返事もかけずにいます。ご容赦ください。

さて、「さくらんぼ」に登園している年長の女の子たちから年賀状をいただきました。黄色や水色、ピンクの色画用紙を適当な大きさに切り年賀はがきができています。郵便番号の枠もあり番号も書いてあります。表に「えんちょうせんせい」とか、漢字で「山口大木さん」などが書いてあり、「自分の名前」、「あけましておめでとうございますことしもよろしくおねがいいたします」などと、しっかり書けています。

感心しました。お正月に家族に届いた年賀状からいつの間にか学び取って遊びの中に生かしているのですね。嬉しい年賀状、6年後の卒業同窓会まで大事にとっておきたいと思います。

もう一つ思ったことは、子どもたちの中には、まだ文字にあまり興味がなかった子もいただろうということです。しかし、年賀状を書きたいということで文字に向かい、真似したり聞いたりしながら知りたい文字を書き、覚えていったことでしょう。このように文字に限らず欲求が高まったときに子どもたちは新しいことをどんどん覚え理解していくものです。無理をさせずに、そういうタイミングを逃さずに環境を整えていくことが大人や保育者の役目なのですね。

CIMG2016     

 

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.