ふたばこども園

園長ブログ

震災に学ぶ・・・

 ”日本人の一人ひとりがあの地震を境に、いままでよりも他人の痛みに少し敏感で、少し涙もろくなった新しい人生を歩みだそうとしている”(読売新聞より)
今回の震災を通して被災地の子どもたちが得たことは、「命の大切さ」「助け合う心」「家族の絆」「物の大切さ」「人との触れ合い」「生きるたくましさ・勇気」などだそうです。ふたば幼稚園・保育園でも震災をきっかけとして、「生きていることの喜び、有り難さ」「助け合う幸せ、喜び」「家族がそろっている喜び、有り難さ」「水や電気の有り難さ、大切さ」「周りの人の大切のこと」「たくましさや勇気が必要なこと」などを年齢に応じて少しずつ学ばせていきたいと考えています。

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.