ふたばこども園

園長ブログ

子どもたちは今・・・・・

○ 水あそび
10日ほど前からプールでの水遊びが始まりました。でも、気温が上がらなかったり、水温が低すぎたりとなかなか思うようには遊べません。その分水遊びができる日は喜びが大きいようで、プールから大きな歓声が響いています。水に触れる、馴れることを中心に遊びながら親しんでいます。時間的にも短時間ですが子どもたちは満足そうです。終わった後もシャワーを浴びて、体を拭いて着替えるの手順が少しずつ上手になってきています。
クラスによっては、水着に着替えて園庭の芝生の上で、ホースのシャワーを使った水遊びを、にぎやかに、楽しそうにしている姿も見かけましたよ。担任もずぶ濡れでした。
保育園でもかわいいプールで水遊びを始めました。天気さえよければ、大好きな水遊びに熱中しているかわいい園児たちです。

○ 雨の日の遊びは・・・・
総合遊具もターザンロープも、砂場も、芝生の園庭も、みんなみんな雨の中という日が最近多いですね。そういう日は遊べなくて残念というよりも、部屋の中での遊びを充実させるチャンスなのです。最近は、お絵かき、ままごと、粘土遊び、積木、ブロックなど通常の環境はもちろん、楽器遊び、折り紙、七夕飾り、おみこしづくり、お店屋さん、制作(新聞紙や広告紙の刀や箱で作った犬や猫の動物など)など季節的に体験してほしいことや子どもたちの興味関心を大事にしたものが目につきます。お店屋さんは3歳児から5歳児まで一緒に楽しむ姿が見られます。喧嘩をしたり、相談したり、教えてもらったりしながら様々な遊びを展開し、知らぬ間に多くのことを学んで成長していくのですね。ここでも年長さんのお世話、優しさが光っています。
雨が上がれば、もちろん水たまりは格好の遊び場になっています。お母さん服を泥だらけにしてごめんなさい・・・というよりも、とても誇らしげです。

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.