ふたばこども園

園長ブログ

つぶやき~言葉の力はすごい~

ある業者の方が置いて行かれた本の中に次のような(ハッとする)ことが書かれていました。
「マイナス25度で冷やされた水(つまり氷)が溶けるとき、一瞬六角形の結晶を見せる。ところがどんな水でも、声をかけるなど与える条件によってさまざまに形を変える。たとえば、『かわいいね』と『ばかやろう』では雲泥の差。前者は『愛らしい王冠』のようになり、後者は『引き裂かれたような結晶』になってしまう。」と。
この報告を書かれた方はさらに、「私も頻繁に話しかけながら作物を育てていますが、なぜそれが大切なのか納得させられます。」と書いています。
ところで、私たちは子どもたちにどんな言葉をかけているでしょうか。「大好きだよ」「よくできたね」「えらいね」といった言葉の繰り返しと、その反対の意味の言葉の繰り返しでは、心の豊かさや人間としての成長に大きな違いが生じているはずですね。
言葉の力はすごい。幼稚園保育園でも家庭でも、あったかい愛情あふれる、プラス思考の言葉のシャワーをかけていく必要があるとあらためて肝に銘じたことでした。

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.