ふたばこども園

園の紹介

園長先生のお部屋

ふたばこども園は、子育て支援新制度により、これまでの幼稚園・保育園から、両方の機能を併せ持つ「認定こども園」として、平成27年4月よりスタートしました。

本園では、教育と保育を一体的に捉えた質の高い幼児教育を提供することを目標としています。
子どもは遊び(活動や体験)の中で学び、育ちます。本園でも「遊びは学び」の考えのもと、自発的に遊び出し、黙々と遊びこみ、疲れきるまで遊ぶ子を目指しています。

また、0歳から小学校就学前までの子どもたちが、一つの園で『つながり』のある成長をしてほしいと考えています。そのために、より良い環境を構成し、一人ひとりの子どもに寄り添いながら、集団の中でしっかり遊ばせ、人間としての土台や根っこ、すなわち「生き抜く力の基礎」を豊かにつくりあげていきたいと考えています。

さらに、子育て支援室「ひだまりの部屋」もくつろげる部屋・子育て相談の部屋として、喜んでいただける内容でお待ちしています。
どうぞお出かけください。

園長納富 博文

園長 納富 博文

 

園長だより

天高く 馬肥ゆる秋 (園だより10月号)

 朝夕は涼しくなり、過ごしやすい季節になってきました。ゆめタウン南側のイチョウの街路樹には銀杏がたくさん実っています。

 9日(土)は運動会です。秋晴れの日になるように願うばかりです。ご家族2名までの参加という制限がありますが、新型コロナ対策のためどうぞご理解ください。

 園だより10月号を掲載します。ご一読ください。

                ここをクリック → 「園だより10月号」

2学期もよろしくお願いします。(園だより9月号掲載)

 2学期が始まりました。子どもたちの元気な声が園内に響いています。日焼けた顔に、少し成長したような感じがします。みんな元気に2学期が迎えられて「ほっ」としています。

 2学期は始まりましたが、本当に新型コロナウイルス感染症が心配です。コロナ対策をしっかり行い、子どもの安全・安心、命を第一に考えた教育・保育の実践に努めていきたいと思います。ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 園だより9月号を掲載します。ご一読ください。

                ここをクリック → 「園だより9月号」

一学期 早いものであと20日となりました(園だより7月号)

 県内の新型コロナウィルス感染症の陽性者が一桁の日が続くようになり、落ち着きが見られ始めました。ただ、感染症が終息したわけではなく、オリンピックの開催やデルタ株(インド型変異ウイルス)の流行等が気がかりです。
 コロナ禍の中、子どもたちは元気に一学期を過ごすことができました。どうにかこのまま一学期の終業式を迎えたいと思います。保護者の皆様のコロナ対策へのご理解、ご協力があってのことだと感謝申し上げます。ありがとうございます。
 これから夏本番、子どもたちには『夏にできる経験』をたくさん積んで欲しいと願っています。
 園だより7月号を掲載します。

 → ここをクリックしてください。「園だより7月号」 

早くも梅雨入り(園だより6月号)

 例年より3週間ほど早く梅雨入りとなりました。
 これからの季節、蒸し暑くじめじめしますが、より一層健康に気をつけて元気に過ごしたいものです。
 新型コロナウィルス感染症への対応や大雨への対応など、保護者の皆様にはご理解とご協力をお願いすることが多々あると思います。

 子どもの安全と命を守るためによろしくお願いします。

 園だより6月号を掲載します。 

 ここをクリックしてください。→ 『園だより6月号』

あせらず ゆっくり (園だより5月号)

 新学期がスタートして1ヶ月経ちました。新入園の子どもたちは少しずつ園生活に慣れてきたようです。本来子どもが持っている「遊び」に向かう姿がたくさん見られるようになってきました。
 ただ、まだまだ緊張感を持って過ごしている子どもさんもいます。「ママがいい」や「お家帰りたい」などの言葉が、泣き声とともに聞こえてきます。
 子どもの個性や特性もありますが、何より『お母さん』や『ご家庭』が一番安心する人であり居場所であるという証だと、私は心の中で嬉しくなり、園長室で微笑んでいます。
 あせらず、ゆっくり、一年間かかって、その学年なりに成長すると思います。

 新型コロナウィルス感染症が治まるどころか、変異株ウイルスの流行が増えていると聞きます。コロナ対策は、気を抜かないで、気を緩めないでお願いします。

  園だより5月号を掲載します。 ここをクリック → 園だより「5月号」

ご入園・ご進級 おめでとうございます

 春の陽射しが眩いばかりに振りそそぐ中、令和3年度(2021年度)新学期がスタートしました。お子様のご入園・ご進級おめでとうございます。

 今年度も新型コロナウイルス感染症の流行がとても心配な状況での新学期のスタートとなりました。できる限りの感染症対策を取りながら、子どもたちが園生活を元気に楽しく送れるよう、職員一同努めていきたいと思います。
 また、コロナ禍の中でできること、コロナ禍だからこそやれることなどを工夫していきたいと思います。
   保護者の皆様には、ご理解やご協力等をお願いすることがたくさんあると思います。どうぞよろしくお願いします。
 園だより4月号を掲載します。ご一読いただければ幸いです。

 ここをクリックしてください。→ 「園だより4月号

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.