ふたばこども園

園の紹介

園長先生のお部屋

ふたばこども園は、子育て支援新制度により、これまでの幼稚園・保育園から、両方の機能を併せ持つ「認定こども園」として、平成27年4月よりスタートしました。

本園では、教育と保育を一体的に捉えた質の高い幼児教育を提供することを目標としています。
子どもは遊び(活動や体験)の中で学び、育ちます。本園でも「遊びは学び」の考えのもと、自発的に遊び出し、黙々と遊びこみ、疲れきるまで遊ぶ子を目指しています。

また、0歳から小学校就学前までの子どもたちが、一つの園で『つながり』のある成長をしてほしいと考えています。そのために、より良い環境を構成し、一人ひとりの子どもに寄り添いながら、集団の中でしっかり遊ばせ、人間としての土台や根っこ、すなわち「生き抜く力の基礎」を豊かにつくりあげていきたいと考えています。

さらに、子育て支援室「ひだまりの部屋」もくつろげる部屋・子育て相談の部屋として、喜んでいただける内容でお待ちしています。
どうぞお出かけください。

園長納富 博文

園長 納富 博文

 

園長だより

あせらず ゆっくり (園だより5月号)

 新学期がスタートして1ヶ月経ちました。新入園の子どもたちは少しずつ園生活に慣れてきたようです。本来子どもが持っている「遊び」に向かう姿がたくさん見られるようになってきました。
 ただ、まだまだ緊張感を持って過ごしている子どもさんもいます。「ママがいい」や「お家帰りたい」などの言葉が、泣き声とともに聞こえてきます。
 子どもの個性や特性もありますが、何より『お母さん』や『ご家庭』が一番安心する人であり居場所であるという証だと、私は心の中で嬉しくなり、園長室で微笑んでいます。
 あせらず、ゆっくり、一年間かかって、その学年なりに成長すると思います。

 新型コロナウィルス感染症が治まるどころか、変異株ウイルスの流行が増えていると聞きます。コロナ対策は、気を抜かないで、気を緩めないでお願いします。

  園だより5月号を掲載します。 ここをクリック → 園だより「5月号」

ご入園・ご進級 おめでとうございます

 春の陽射しが眩いばかりに振りそそぐ中、令和3年度(2021年度)新学期がスタートしました。お子様のご入園・ご進級おめでとうございます。

 今年度も新型コロナウイルス感染症の流行がとても心配な状況での新学期のスタートとなりました。できる限りの感染症対策を取りながら、子どもたちが園生活を元気に楽しく送れるよう、職員一同努めていきたいと思います。
 また、コロナ禍の中でできること、コロナ禍だからこそやれることなどを工夫していきたいと思います。
   保護者の皆様には、ご理解やご協力等をお願いすることがたくさんあると思います。どうぞよろしくお願いします。
 園だより4月号を掲載します。ご一読いただければ幸いです。

 ここをクリックしてください。→ 「園だより4月号

2020年(令和2年)度 園だより3月号 

 春の訪れが間近となりました。年長さんは卒園に向けた準備で大忙しです。

 しかし、新型コロナウイルス感染症の終息がなかなか見えてこない状況です。これからも園の行事や活動など、自粛や中止といった対応をしなければならないかもしれません。何よりも、子どもたちやそのご家族、そして職員に陽性者が出ないように祈るばかりです。 
 令和2年度、最後の園だよりを掲載します。ご一読ください。また、一年間のご愛読ありがとうございました。
 
                 ここをクリックしてください。→ 園だより「3月号」

春の訪れが待ち遠しい季節となりました(園だより2月号)

 日差しに暖かさが少しずつ出てきました。春の訪れが待ち遠しいところです。

また、新型コロナウイルス感染症も早く治り、以前のような生活が戻ってくれることも待ち遠しいところです。

 園だより2月号を掲載します。ご一読ください。  

    ここをクリックしてください。→ 園だより「2月号」

新年あけましておめでとうございます。(園だより1月号)

 新年早々から、新型コロナウイルス感染症の流行の拡大がとても心配です。また、数年に一度の寒波が来襲し、雪と寒さの3学期スタートとなりました。

 今年も新型コロナウイルス感染症への対策や対応に迫られる年になるのでしょうか。
1日も早い流行の沈静化と終息を願うばかりです。

 改めまして、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 園だより1月号を掲載します。ご一読ください。

                  ここをクリックしてください → 「園だより1月号

今年も残すところあと一月(園だより12月号掲載)

 1年が経つのは早いもので、もう師走(12月)となりました。
今年は新型コロナウイルス感染症との戦いに明け暮れた1年だったように思います。
でも、これまでのいろいろな行事の在り方に対応を迫られ、むしろ精選できるよい機会になったのではないかと思います。
 コロナ禍の中で、コロナと共存しながら何ができるのか、今後も検討が迫られると思います。
 ふたばこども園は子ども中心の保育を行う園として、子どもの安全や安心、命を守ることを第一に考えた対応をこれからも行っていきたいと思います。

 2020年、1年間のご協力とご支援に心から感謝いたします。良いお年をお迎えください。

 園だより12月号を掲載します。ご一読ください。

                  ここをクリックしてください → 「園だより12月号」

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.