ふたばこども園

園長ブログ

2015年1月

父親研修会においでください  吉木知也先生(昭栄中校長) ~未来へ乾杯!~

ふたばの会執行部からも文書等で依頼があっていると思いますが、ご都合がつかれたら父親母親に関係なくどうぞおいでください。聞いてよかったと思っていただける内容だと思います。

1月17日(土)13:30~受付、14:00~講演 佐賀市文化会館イベントホールです 

卒業おめでとう同窓会

昨年から始めました「卒業おめでとう同窓会」を今年も実施する予定です。これは、本園を巣立っていった子どもたちに小学校卒業を機に再び幼稚園に集まってもらい、卒業を祝うとともに、成長を喜び合いたいと考えて行うものです。3月17日(市内小学校卒業式当日)かそれ以降になると思います。この日は、当時の担任、園長、副園長はもちろん、卒業生保護者にもお声を掛けるようにしています。

  案内は、市内の各小学校にお願いして本人に届けるように考えています。多くの卒業生が集まり、同窓会を楽しんでくれることを期待しているところです。その中でふたばへの思い、絆も強くなれば嬉しいですね

新年明けましておめでとうございます

今年は雪模様の寒い正月となりましたが、保護者の皆様にはご家族おそろいで輝かしい新年をお迎えのことと思います。お子さんを中心に明るく笑いの絶えない日々、何物にも代えがたい幸せのひとときですね。

冬休みが終わり園にも子どもたちの元気な声が戻ってきました。今日から始まる3学期、厳しい寒さの真っ只中ですが、その中で季節に合った、この季節にしかできない遊びを発見し創造し逞しく過ごしていくのが子どもたちです。一人一人の子どもにどんなドラマが展開していくのかとても楽しみです。

3学期はとても短くあっという間に終わります。年長さんにとっては最後の学期、登園47日目が卒園式になります。1日1日が本当に貴重な日々になります。その間に音楽会もありますが、年少さんも年中さんも年長さんも、これまで培ってきた力を存分に発揮して楽しんでくれることでしょう。

職員一同、子どもたちと一緒に体を動かし、ともに喜び、ともに悲しみ、子どもたちと一緒に成長していきたいと心を新たにしているところです。どうぞよろしくお願いいたします。

年賀状をいただきました

子どもたちや保護者の皆様から園や担任宛にたくさんの年賀状をいただきました。有難うございました。私などはお返事もかけずにいます。ご容赦ください。

さて、「さくらんぼ」に登園している年長の女の子たちから年賀状をいただきました。黄色や水色、ピンクの色画用紙を適当な大きさに切り年賀はがきができています。郵便番号の枠もあり番号も書いてあります。表に「えんちょうせんせい」とか、漢字で「山口大木さん」などが書いてあり、「自分の名前」、「あけましておめでとうございますことしもよろしくおねがいいたします」などと、しっかり書けています。

感心しました。お正月に家族に届いた年賀状からいつの間にか学び取って遊びの中に生かしているのですね。嬉しい年賀状、6年後の卒業同窓会まで大事にとっておきたいと思います。

もう一つ思ったことは、子どもたちの中には、まだ文字にあまり興味がなかった子もいただろうということです。しかし、年賀状を書きたいということで文字に向かい、真似したり聞いたりしながら知りたい文字を書き、覚えていったことでしょう。このように文字に限らず欲求が高まったときに子どもたちは新しいことをどんどん覚え理解していくものです。無理をさせずに、そういうタイミングを逃さずに環境を整えていくことが大人や保育者の役目なのですね。

CIMG2016     

 

Copyright (C) Futaba Kodomoen All Rights Reserved.